焼酎の小規模仕込み「樽仲間」
オーダーにつきまして

希少な原材料を用いた、小規模焼酎を作ってみませんか?

当店では、小規模蒸留装置を使った焼酎の小規模仕込みを得意としております。これまでも少量の希少な原材料を用いた商品開発をおこない、高い評価をいただいています。みなさまの地域の特産物を世の中にアピールし、地域の活性化をはかるために、オリジナルの焼酎造りはいかがでしょうか?小規模により仕込み原料を抑えて提供することが可能です。原材料によっては焼酎に向くもの、向かないものがございますが、相談に応じて検討いたしますので、下記フォームからお問い合わせくださいませ。

これまでの実績

カボチャ焼酎「Sake de pumpkin」

茨城県常陸太田市里川町が誇る「里川カボチャ」を使用した、カボチャ焼酎です。2013年からスタートし、2015年は前年度の3倍近い量を生産することができました。年々、少しずつ生産量が増えている、継続しているプロジェクトです。 米麹には黒麹菌を使用し、最新の減圧蒸留機にて低温蒸留することで、かぼちゃ本来の甘く軽やかな香りを楽しめる焼酎に仕上がっています。TV番組「お願い!ランキング」(テレビ朝日系)や地元・茨城の新聞・TVなど、多くのメディアにも掲載されました。

そば焼酎「極の金砂郷」、芋焼酎「極の紅はるか」

「極の金砂郷」は、2015年にクラウド・ファンディング「Makuake」プロジェクトから生まれた商品です。茨城県の金砂郷(現・常陸太田市大里町)は、最高の品質を持つ希少な「金砂郷そば」を100%使用した、40年越しで実現した夢の焼酎です。米麹には黒麹菌を使用し、原材料は金砂郷そばと麦麹、国産米麹を用いて、最新の減圧蒸留機で造っています。通常の瓶詰め商品以外に、特製の甕(かめ)を作り、甕に詰めたモルトセットも販売しています。
また、同年には茨城県産のさつまいも「紅はるか」を用いた芋焼酎も誕生しました。今後も厳選した素材を使って「極の~」シリーズを展開していく予定です。

小規模焼酎オーダーの流れ

  • 焼酎にしたい素材がありましたら、ご連絡くださいませ。当店では小規模のオーダーも承っておりますが、以下フォームから一度ご相談いただけますと幸いです。担当者より、折り返しご連絡させていただきます。
  • お電話やメールで素材や量、仕入れ時期、醸造期間、販売時期のご相談をさせていただいたのち、お見積もりを提出いたします。その段階で一度、お目にかかって詳細を打ち合わせできますと幸いです。ご都合のよい場所にお伺いいたしますが、当店に見学にお越しいただく形でも構いません。
  • 素材を用いた醸造方法の検討に入ります。検討しながら販売価格やパッケージ、ラベルなどを一緒に決めていきます。
  • 醸造方法が決定しましたら、素材をご納品いただいて酒造りに入ります。完成までにはおよそ1ヶ月〜6ヶ月を要します。